ワーキングホリデー珍事件

今日はオーストラリアでワーキングホリデー中に起きた面白かったり、怖かったりした珍事件をご紹介したいと思います。

卵投げつけ事件

これはアスパラガスピッキングをしていた時宿泊していたDream Harvestで起きた事件です。

わたしはその時寝ていたので、詳細は知らず聞いた話になります。

そこにオレンジピッキングをやっていたフランス人の男の子とベルギー人の男の子がいました。

お互い一緒にファームジョブを回っており、Dream Harvestに辿り着きました。

はじめにベルギー人の子と日本人の可愛い女の子が仲良くなりましたが、結果的に日本人の子はフランス人の子とデーティングをすることに。でもいつも三人で一緒にいました。

いつものように夜にお酒を飲んでいた(多分weedも入っていた)ら、突然喧嘩をし出したそうです。「なんでお前はいつも俺のそばについてくるんだ。邪魔なんだよ」とか言いながら。

そこからものを投げつけたり、言い争いになり最終的には卵を投げつけあっていたそう。

結局日本人の子がその場を押さえ、しっかりとレセプションやスーパーバイザーらから怒られたそうです。かなり悲惨な光景だったとか。

Tinderで知り合ったオージーが〇〇だった事件

元々Tinderで出会いを探していた私ですが、結局一人しか会いませんでした。

一人オーストラリア人の私より二つ下の男の子と知り合い、結構話も弾んだのでディナーをしようということに。写真では結構なイケメンで青い目、ブロンドヘアーの持ち主。

待ち合わせ場所は彼のお勧めのピザ屋さん。

どんな人が来るのかなとワクワクしながら待っていると

ピザ屋の前に小さくてハゲた顔だけイケメンが立っていました。確かに目は青いし、横の髪の毛はブロンド・・・。私の身長は約170cmでしたが、彼は165cmほどでしょうか。

それでも会って、一緒に話しながらピザを食べ(話は結構盛り上がったし、お会計も彼が払ってくれました)その後はメキシカンのバーへ。

知らなかったのですが、オーストラリアではTinderなどの出会い系で会ってバーに行くとお持ち帰りOKという意味になるらしい?です。(本当かどうかわかりませんが、シドニー大学の子たちがバーに行くとその気があると思われると話していました)

そのバーでは、身体を触ってきたり、目をずっと見つめられて気持ち悪くて結局すぐに家に帰りました。家まで送るよと言われたのですが、送られるのも嫌だったので、近くでお別れ。

流石にハゲに迫られても・・・と思ってしまいました。

その後も偶然見かけたりメールが来ていましたが、全て無視しました。

顔だけイケメンももったいないですね・・・植毛したら彼モテると思うんですよ。

Meet Upで知り合ったインド人から求婚された事件

シドニーにいた時、日本語と英語のlanguage exchang のMeet upに通っていました。

そこで、(みんなが言うには)黒くて小さい織田裕二似のインド人と出会いました。

彼は日本が大好きで、何度も大阪に行っており、お好み焼きにトロロを入れて食べるなど日本食を自分でこだわって作っているような人でした。(IT系で働いており、海外を転々としていて、オーストラリアの市民権も持っているそう。エリートです)

私がカフェ巡りが好きという話をすると、彼もよくカフェ巡りをしていると意気投合したので、朝食を一緒に取ろうということに。

私は友達ができたと嬉しく思い、あとちょっとデート感もあったのでワクワクしながらカフェに行きました。

すると、「姉やんはどんな家に住みたいの?僕がシドニーの好きなところに住まわせてあげる」

「ファーム生活はいつ終わるの?帰ってくるまでカウントダウンして待っていているよ」

「日本語でI LOVE YOUってどうやって書くの?これに書いてくれない?」

などと付き合ってもいないし、最初のデートだし、というか朝なのに、いきなりその話?と思い、気持ち悪くなりました。さらに頼んだエッグベネディクトが完全に男の人のあそこの形をしており、さらにゲンナリ。(なぜか二つのエッグベネディクトの間に一本のアスパラガスが・・・)

その後メールが来ていて、適当に返事をしていたのですが、自撮り写真も送ってくるわで気持ち悪くブロックしました。その後はMeet upにも行けませんでした。

あー、気持ち悪かった。

アスパラガスファームで全員腹が立った事件

みんな毎日9時間ほど働いており、疲労が溜まっていました。

仕事後にVANに乗って帰るのですが、乗り込んだあとフランス人と台湾人のカップルがDEEP KISSをしはじめて、全員「ふざけんな」「出てけ」など悪口を言いまくりました。

また、そのフランス人アスパラをとるナイフで私や友達のお尻を突いたり、いきなり彼女のいないところで抱きついてきたりして、みんな腹が立っていました。

結局そのカップルは別れたそう。

BundabergでXXXしていたら写真に撮られた事件

これは私とDOMが付き合う前の話。

仲良くなって何度もデートを重ねたのち、関係が深くなって行きますよね。ただ、オーストラリアにはラブホテルというものがないんです。Motelはありますが、一晩$90以上し当時お金がなかった私たちは泊まることもできませんでした。

他のヨーロピアンたちは皆バックパッカーの大部屋でも平気で行うらしいのですが、私としてはそれは嫌で、結局外でいい場所を見つけようということになりました。

暗くていい雰囲気の場所を見つけたので、いい感じになり、いざ!という時

パシャ

知らない女の人が写真をとって逃げて行きました。

すごい怖くて、結局ことを終えることはできず、すぐに帰りました。

めちゃくちゃ怖かったです笑 なので皆さんオーストラリアの外ではやめましょう。

ズッキーニ畑で殴り合いの喧嘩勃発事件

ズッキーニピッキングをしていた時の話。

その週ズッキーニがかなりあり、いつものメンバーは1バケツ3分ほどで作っていました。ですが、普通ファームはいくつかの畑を持っており、1日の中で二、三回移動をします。その中にもうすぐ閉まる畑もありました。もうすぐ閉まる畑は全然ズッキーニがありません。

新しく変な韓国人の男の子が入ってきました。麦らわ帽子に、顔中真っ白に日焼け止めを塗って。

はじめに変な形のズッキーニ、通称ラビッシュは捨てなければならないというルールが教えられていたはずなのですが、彼はラビッシュを捨てていませんでした。

それを私が「ラビッシュ取らなきゃだめだよ」と注意した途端

シバ、シバ、シバ、シバ・・・」と叫びはじめました。

怖いと思っていたら、後ろからスーパーバイザーもどきの韓国人の子が何か言いました。

するとその変な韓国人がいきなり彼の胸ぐらを掴みはじめ、喧嘩勃発しました。彼ら両方ともズッキーニナイフを持っています。

何人かが仲介に入り、ことがおさまりました。その後他の韓国人の子に理由を聞いてみたところ

変な韓国人の子は、レセプションから5分に1バケツは作れるからお金稼げるよと言われていたそうです。しかし、その畑はまずもうすぐ閉まる畑に行った後に行く予定で、彼は全くバケツを作れていませんでした。それに加えラビッシュも取らなければならない。それでブチギレたらしいです。「シバ」というのは韓国語でファッ○ンという意味で、それをスーパーバイザーもどきが「韓国人以外も働いているのだから、失礼な言葉はやめなさい」と注意したそうです。

結果、彼はクビになりました。

ですが、その後なぜかスーパーバイザーもどきにビールとピザを持ってきてくれて、私も一緒にピザを食べることができました。あのピザ美味かったな

イタリア人、女の乗り換え早い事件

バックパッカーで日本人の女の子とイタリア人の男の子がデーティングをしていました。(ただし日本人の子には彼氏がいたらしい)毎日ラブラブなので、みてて微笑ましい光景でした。

しかし、イタリア人の子がバックパッカーを去ることに。

去った後女の子は泣いていて、悲しそうでした。出会いがあれば別れもあり、それが旅ですよね。

その後街で彼を見かけました。ヨーロピアンの女の子と手を繋いで・・・

すれ違いましたが、私とDOMには気づかず。女の乗り換え早いね〜って二人で話していました。

以上オーストラリアワーホリ珍事件でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。