ファーム生活中のスケジュール

コロナの影響でゴールドコーストから急遽バンダバーグへ移動してきて早1ヶ月が経ちました。

当初の予定では、バイロンベイやニンビン、シドニーを経由してメルボルンへ行く予定が、まさかまたファーム生活をするとは思ってもいませんでした。

しかし、ファームにきて良かったことが沢山あります。

⭐︎彼氏と一緒にいる時間が増えた

⭐︎自分の時間が増えた

⭐︎日本語教師の通信教育を始めた

⭐︎外食をしなくなり、ご飯やお菓子を今まで以上に作るようになった

⭐︎バックパッカー住みのため、友達も出来、寂しい思いはしない

不要不急の外出は控えるように言われており、自宅待機していて退屈な生活を送っている人が多いとおもいます。ですが、バックパッカーで生活をしていると、いろいろな人と暮らしておりかつ、仕事ももらえて退屈さはあまりありません。

そこで、ファーム生活のスケジュールを見ていきましょう。

ズッキーニ・カプシカムファームの生活スケジュール

私のいるバックパッカー(Bigfoot)は、主にズッキーニとカプシカムのファームと契約しており年中あります。他にもスイカ、かぼちゃ、サツマイモ、ストロベリー、レモンなど時期によって作物が変わります。

私は去年いた時からズッキーニを取っていたので、ズッキーニを選びました。

おおよその1日のスケジュール

4:00 起床、仕事に行く準備

5:00 ピックアップ ファームはいくつかあり、遠いところでは車で40分かけていきます。

6:00 ピッキングスタート 大体2つか3つファームに行くので実質2〜3時間ピッキングをしています。

9:30 帰宅 シャワーを浴びたり、ストレッチをしたり自由です。

12:00 昼ごはん

1:00~6:00 私は日本語教師の勉強、筋トレ、昼寝、どうぶつの森をして過ごしています。

7:00 晩ご飯

9:00 就寝

という感じで過ごしています。

今はズッキーニの取れ高が少ないため、3時間程度で終わりますが、取れ高が多いときや人が少ない時は12時くらいまでかかる時があります。

私はミドルピッカーで、時給25~30ドル程度です。トップは40ドルを超えます。

ただ、時間が短いので時間が長くてもいいから稼ぎたいという人には不向きな仕事です。短時間で高収入を得たい人はむいていると思います。また、トップピッカー達は「細くて背の低い人」が多かったです。女の人でも長くいれば稼げるようになってきます。

初めのうちは正直レント代を稼ぐのがやっとだと思います。しかし慣れてくると自然に早くなります。

2020年10月現在のズッキーニファーム※更新

セカンドビザ目的の人たちがいなくなり、バンダバーグにはワーカーが全然いなくなってしまいました。そのためズッキーニファームも6人ほどしか働いていない状況になりました。

1日のスケジュールは朝5時からピッキングスタート、夕方3・4時まで仕事をしなければならないという状況に(泣)ただ、それだけ働いているので、友人は週$4000稼げるようになり、初心者でも週$2000ほど稼げるようになりました。

ブルーベリーファームの生活スケジュール

2020年10月現在 私はブルーベリーファームで働いています。

日中のスケジュールとしては、

朝3:10 起床

4:10 出発

5:20ごろ ピッキングスタート

1:30ごろ(毎日変動するが2時までには終了する) ピッキング終了

というふうになっています。

朝早くから始まるので、午後はゆっくりできます。また日曜日はお休みになりますので、空いた時間は日本語教師の勉強をしたり、ブログを書いたりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。