オーストラリアのシェアハウス~バックパッカーズin Bundaberg編~

#オーストラリア #ワーホリ #バッパー #シェアハウス #バンダバーグ

こんにちは。姉やんです。

2019年の年越しを初めて海外で過ごしました。 オーストラリアは夏だし、紅白もやってないしで年越し感はなかったですね。

その代わりゴールドコーストではあちこちで花火が上がっていて、みんなビーチに行っていて楽しめました。

さて、今日はバックパッカーズ紹介第二弾をしようと思います。

今回はバッパーで一緒だったキョウスケくんの協力で、写真をのせています。

ただ、部屋の写真を撮るのを忘れてしまったので、部屋の写真はありません。笑 まっ早速見ていきましょう。

部屋

2~7人部屋まであります。

めちゃくちゃ狭いです。2人部屋はよさそうでしたけどね。

棚付きですが、早い者勝ちなので使えないこともあり。

私は4人部屋に住んでいましたが、コンセントが2つしかなくタコ足を買う必要がありました

また、二段ベッドの下が狭すぎて、座高が高い私にとっては座れないという・・・

クリーニングは入らないので、自分で掃除する必要があります。

キッチン

炊飯器もちゃんとありました
棚とコンテナが与えられます

毎日掃除してくれるので、きれいです。

また、食器洗いをしないと罰が与えられるので、皆きれいに使っていました(罰3回でボンド返却なしです)。

オーブンもあるし、ケーキを作る道具もそろっているので何人かは暇な時間にケーキを作っていました。

一人一棚、冷蔵庫の一角が与えられるので、取り合いにならず快適に使えます。

食堂

めっちゃ広い 冷凍庫も空いている

広い食堂には卓球台、トレーニング道具が置いてあります。

ほとんどの人が食堂で食べるので、一緒に話をしたり卓球をしていました。筋トレ部もありましたね。

オーストラリアはどこにでも卓球台が置いてあるので(学校や外にもあり)、卓球したい人を募れば自然に友達も増えます。私もそれで友達を作っていました。

TVルーム

爆睡所です笑

たまに映画鑑賞をしていますが、ほとんど昼寝場所として使われています。私も仕事終わってシャワー浴びた後はここで寝ていました。

バスルーム

トイレットペーパーはレセプションでもらえる
シャワーヘッドは外れない いつでも暖かいお湯がでる

トイレ、シャワー室は2か所あり、特に仕事終わりはシャワー戦争があります。 シャワー戦争に巻き込まれたくない人は、先にご飯を食べたり寝たりしていました。

こんな感じですねー。

シティにあるバッパーだと、ルールも違うしシーツ交換などもしてくれますよね。

ファームのバッパーはみんなでシェアしましょうという感じです。 毎日顔を合わせるので、嫌でも友達ができます。

バッパー暮らしは好きじゃないですけど(汚いし狭いから)、友達との生活は楽しいですよね。みんなで仕事をして、話してパーティーをして・・・

ワーホリでオーストラリアに来たら絶対体験してみたほうがいいと思います!おすすめです!

私はファームおすすめしますが、中にはファームに行きたくないという人が山ほどいますよね。今度その話もしようかな。

See ya!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。