やらなくて後悔した!ワーホリや留学で海外に行く前に準備しておきたいこと6選

1年と9ヶ月オーストラリアで住んでいて、これ日本でやっとけば良かったなーということが沢山あります。もちろん帰ったらおいしい日本食食べて、ショッピングしてとか色々と考えています。

当たり前にやらなければならない留学前に英語の勉強をしたり、ビザ申請したりとかは省いています。本当にやっておけば良かったなと思うことだけ厳選しております。

実家にある荷物の整理をすべき

これ、すごく後悔しています。

わたしは日本に一年で帰ろうと決めていたので、何もしていませんでした。

ですが、オーストラリアでの生活がすごく楽しくて、さらに彼氏もできて、3年目が終わったら次はカナダに行く予定になってしまいました。海外生活は何が起こるかわかりません。

実家には着なくなった服や大学時代の本、参考書などかなり沢山置いています。それを全て処分して身軽に海外へ来たら良かったなと思いました。

海外へ来るときは、持っていく荷物も身軽に、置いていく荷物も身軽にしていくべき!

まとめ

・必要のないものは処分しできればまとめておく

役所での公的手続きの時期・海外渡航の時期を考えるべき

1年間以上海外へ行かれる方は海外転出届を出していくと思います。そうすることで、住民税の支払い対象でなくなることや年金を支払わなくて済むことになります。

社会人で働かれていた方は、海外に行った後も税金が引かれます。わたしの場合は2回6万円づつ程度支払い請求が来ました。

ただ、年度の1月1日までに海外転出届を出し、その時点で住民票がなく1年以上海外に滞在する場合は、その年度の住民税の支払いが免除されます。年金や国民健康保険に関しても支払いの義務がなくなりますが、加入していたい場合は支払いをしていると加入したままにすることが出来ます。

わたしの場合、1月25日に渡航すると決めており、12月末に海外転出届を提出しました。しかし、1月7日にインフルエンザにかかってしまい、国民健康保険を使用するために1からやり直しをしました。

まとめ

・渡航時期・海外転出届を出す時期を計画立てておく

・冬に渡航する場合はインフルエンザワクチンの接種をしておく

補足:海外転出届を出すとマイナンバーカードを返却しなければなりません。ですが、海外の銀行口座開設時にナンバーが必要となりますので、メモしておくか写真をとっておくべきだと思います。

国際免許を取得しておくべき

わたしは車の運転が苦手で、オーストラリアに来ても運転はしないだろうと考えていました。しかし、旅には変更が付き物。

車を購入してロードトリップしたり、ファームジョブでドライバーを任されたり、仕事で車の運転が必須だったりと、免許を持っていると得をすることが多いんです。

しかもオーストラリアでは左車線なので日本と同じで日本人にとっては運転しやすいのです。

オーストラリアでいい仕事を得るには、車があった方が有利です。幸い彼氏が国際免許を持っており、車を購入し移動することが出来ますが、持ってなければ重たい荷物をバスや電車で運ぶ必要があります。(そして仕事もゲットすることが難しくなる)

さらにわたしはオーストラリア滞在中に、日本の免許の期限が切れてしまいました。なので国際免許を取ることもできません。オーストラリア内での取得も可能ですが、郵送したり翻訳を頼んだりと少し面倒くさそうでした。

まとめ

・国際免許はとっておいて損はなし

・日本の免許の更新年月を確認しておく

携帯電話:メールアドレス・電場番号お預かりサービスは必要ない

日本にいた時メールアドレスと電話番号は、日本に戻ったときに使えるように取っておきたいなと思って契約をしました。確か400円ほどだったと思います。

ですが、オーストラリアにいてそのメールアドレスと電話番号は使えません。普段はGmailまたはYahoo Mail、友人や親と連絡するのはLINEやSNSがあれば十分です。

また、日本に帰った時も格安SIMを契約すれば節約にもなりますし、ただ預けるだけのサービスにお金を払う必要はないと思います。

携帯電話はSIM対応携帯を買っておくべきです。そうすればオーストラリア中どこでもSIMカードが買え、すぐに携帯を使うことができます。わたしはOptusを使用しています。

まとめ

・1年以上海外にいるなら携帯電話は解約し、SIM対応携帯(最近のiPhoneは対応)に変更

・必要であれば事前にメールアドレスをGmailやYahooメールに切り替え、電話番号は使えなくなることを連絡をとっている相手に伝える(契約しているものにも変更をする)

日本の銀行には一定のお金を入れておくべき

わたしは日本の銀行に50万円以上は入れておいていました。ですが一年で空になりました。

はじめに住んだシドニーでは語学学校に通っている時一切バイトはせず、勉強と遊んでばかりいたんです。そうなると出費しかありませんよね?

留学代理店からおすすめされたキャッシュパスポート(日本円をオーストラリアドルに変える)にお金を入れて使っていましたが、すぐに底をつき、カードでの支払いをしていました。

日本の銀行からは、カード代金に加え、前年度の税金、奨学金代、携帯電話お預かりサービス、友人の結婚祝いなどが支払われ、お金がすっからかんになりました。

そのため現在は親から最低限のお金だけ借りて、カードは使わないようにしています。一定のお金が貯まり次第、オーストラリアから日本の銀行に送金をする予定です。

まとめ

・どんな出費がありそうか考えてちゃんと銀行にお金を入れておく

・カード払いのしすぎに注意!できれば早めにバイトをしたり節約を心がける

必要のない契約は解約すべき

わたしの場合はHuluや日本作業療法士協会、アプリ、有料のサービスいくつかに加入していました。それらは全てではありませんが、一通り解約してきました。

しかし、携帯電話のように本人がいなければ解約ができないというものもあります。

全ての必要のないサービスは解約しておくべきです。

そして必要なサービスのアカウントIDや、銀行やカード番号などは携帯のメモに記録しておくことをおすすめします。そうしておくことで、いざ必要となったときにみることができます。

まとめ

・必要のないサービスは全て解約し、必要のあるものはIDやパスワードなどをメモしておく

以上です。皆さんも後悔のないよう備えてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。