海外でシンプルな暮らし

こんにちは。姉やんです。

オーストラリアに住んでもう一年と半年が過ぎました。Dominicと暮らし始めて約7ヶ月。

今はのんびりオーストラリアの田舎のBundabergというところでファーム生活をしています。といってもBundabergは大型のショッピングセンター、カフェ、アジアンマーケットなど不自由は一つもありません。

オーストラリアに住んで気づいたのが、とてもお金が貯まりやすいということ。他のブログやYoutubeでも貯金額を紹介している人もいますが、稼げる場所に行けば貯金はかなり増えます。

例えば、友達はズッキーニのファームに2年いましたが何百万円も貯め南米にスペイン留学に行ったり、ミートファクトリーで働いていた子は半年間頑張って貯めて、終わった後は趣味に費やしていました。

私もお金の収支を家計簿に記録していますが、2020年の6月は約$2500(日本円で187500円※$1=75円計算)貯めました。私の場合日本語教師の通信教育代に$400、家賃月$800と他の人よりもお金を使っていると思います。また仕事は週平均5日です。

どうしてこのくらい貯まるのかを考えてみました。

単純に時給が高いから?

2020年7月現在カジュアルの最低時給は$24.36、パートタイムの最低時給が$19.49と確かに高いです。ワーキングホリデーで働いている方はカジュアルかパートタイムになるでしょう。

ですが、私が働いているところは歩合制です。歩合制ではズッキーニのバケツの単価が$2.2、トマトの単価が$1.9というふうになっています。ストロベリーとかは市場価格で変動するみたいですね。

歩合制では稼げるときは一日6時間ほどで$200とか超えるので時給換算するとカジュアルの時給よりも圧倒的にいいですが、稼げない時は全然お金が入りません。

そのため単純に時給が高いから、貯金ができるという訳ではありません。

お金の使い道がない?!

おうちピザ

日本にいると、欲しいものがたくさん増えて行きませんか?

化粧品に、家具家電、衣類などあらゆるいい商品が売られていますよね?

仕事帰りにおいしいものを食べたり、居酒屋へ行ったりしませんか?

オーストラリアにいると物欲がなくなってきます!(※ただしシドニーやメルボルンは別!)

そもそも田舎町に行くと、そこまで質の良いものが売ってなかったり、お洒落する必要もなかったりします。また、ワーキングホリデーで来ている方は持てる荷物の量も限られるので、買い過ぎても困りますよね?

またオーストラリアでは外食もそこまで美味しいと呼べるものはありません。日本が異常なくらい美味しいもので溢れています。外食するよりも自分で作った方が美味しいんです。

勝手にミニマリストになる?

ワーキングホリデーで来ている人は大体シェアハウス、バックパッカー、ホストファミリーの家で暮らしている人がほとんどではないでしょうか?自分たちでアパートを借りている人はごく少数です。

オーストラリアで暮らす時は大体光熱費やwifi代が家賃に含まれていて、出ていくお金というのが限られています。家具・家電も備え付けです。

最低限でいいのであれば家賃の安いところは沢山あります。特にゴールドコーストは家賃も安くて綺麗な家が沢山ありました。固定費を少なくするというのは一つの手です。

家具家電も備え付け、持てる荷物はスーツケース二つ分程度。引っ越す際には持てる範囲だけ持つ。勝手に荷物の量は最小限になります。

シンプルな暮らしって?

必要最小限のもので、海外生活を楽しむということですが、忘れてはならないのが自分自身の心の安寧、身体を健康に保つ、趣味など自分の時間を持つことが大切です。

もちろんお肌のスキンケアや健康のためのヨガなども行います。

今は日本語教師になるための資格の勉強、たまにお絵かき、英語の勉強などに趣味の時間を費やしています。

仕事終わりは疲れてて絶対に昼寝をしますが、それも大事。

海外生活では日本のように忙しい時間の流れではなく、ゆっくりとした時間の流れを感じることができます。

Dominicとのデートも、たまに近くのカフェに行ったり散歩したりと無理はしないことにしました。その代わりお金が貯まったらオーストラリア内を旅行しようねと話しています。

お金を貯めながら、海外生活をたのしみませんか?

私は海も暑い場所も嫌いです。ですがオーストラリアのゆったりとした時間が好きです。

日本で仕事をしていると窮屈に感じませんか?

ストレスを感じるとお酒に逃げたり、買い物でストレスを解消したりしませんか?

もう日本に疲れたと感じる人ほど海外生活は自由でシンプルな暮らしが送れるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。