ミニマリストになるメリット より少ない生き方 ものを手放して豊かになるレビューと要約

この一年半の海外生活の中で私は、オーストラリア内何度も引っ越しをして来ました。

その度に、パッキングをし、整理したりということを続けて来ました。

そこで荷物が少ないと移動も気軽にできるし、心も楽になるということを学びました。

オーストラリアに来てすぐは、素敵なものを見つけては買い、使わずに放置して最終的に日本に送るということをして来ました。その当時退職金や貯金がまだあったので、気兼ねなくお金を使っていたのですが、なんとお金がつきそうになったんです。

それでも物は増えていくばかり。お金は減っていく一方。なんとかバイトをしてつなぎ止めていましたが限界で結局親にお金を借りました。

そしてファームを移動するごとに、荷物を捨て、荷物を増やしということを繰り返しましたが、ふと気付いたんです。

使ってない物いっぱいあるじゃん。てか移動の時荷物多すぎて持ち運べない!親から日本の化粧品とか送ってもらってるけど、送料も馬鹿にならないし高くてもオーストラリアで買えば良くない?

それからは、オーストラリアで買えるものに全て変更。荷物も3ヶ月間使っていないものは全て捨てました。(冬服は最小限に持っています)そのように変えてからは、心も気楽になり、移動もパパッとできるようになりました。

前置きはここまでで、ミニマリストって定義とかあるのかなーと思い、ミニマリストの本を参考にすることにしました。

今回はジョシュア・ベッカーさんの著書「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」からミニマリストとは?とミニマリストになるメリットを紹介したいと思います。

ミニマリスト とは?

ミニマリズムの定義

一番大切にしているものを最優先にして、その障害になるものはすべて排除すること

とジョシュアさんは定義しています。すべてを手放すことではなく、「少ないもので暮らす」ことで豊かな生活を送るということです。ミニマリストとはミニマリズムを実践している人のことを指します。

ミニマリストの目的

人生から不用品を取り除き、もっと多くのことを達成できるようになること

ミニマリストの最大の利点は

自分にとって一番大切な夢に集中できる余裕が生まれること

例えば、自分の夢がプログラミングで稼ぎたいとしましょう。そのためには勉強する時間が必要です。でも会社に勤めていてなかなか時間が取れない。その場合いかに勉強する時間を作るかが鍵ですよね。

ミニマリストになると、自分にとって必要なもの以外は持たないので、買うものが減り、ウィンドウショッピングなどの無駄な時間がなくなります。買いたいものがあったら、お店に行ったりネットでリサーチするなど、その商品に費やす時間がかかりますよね?

また、ものが多ければ整理整頓に時間がかかり、毎日何を着ようか迷ったり無駄な時間が増えます。その無駄な時間をなくすことで、自分の時間が増えるということです。

ものを減らすことで得られるメリット

①時間とエネルギーが増える

ものを買う時、まず買うためにお金を稼ぎ、そのものについて調べ、実際に購入し、整理し、修理したり・・・これは時間もエネルギーもかかります。ものを少なくすれば、時間とエネルギーは自分の大切な何かに使うことができます。

②お金が増える

買うものが減れば使うお金も減ります。ものを買うお金だけでなく維持管理にかかるお金も節約できます。

ちなみに、貧乏な人の家の中ってものが多くてごちゃごちゃしているイメージはありませんか?反対にお金持ちの人の家の中って、すっきりしている印象ですよね?それと同じでお金持ちは無駄にものを買ったりしないんです。

③自由が増える

ものがありすぎると、ものの奴隷になってしまいます。

ものが多い部屋にいると、精神的に嫌な気持ちになりませんか?

部屋を掃除しなければならないですし、持ち運ぶのも手間がかかります。そして心に重くのし掛かり気持ちを沈ませてしまいます。逆にものを処分すれば、それだけ自由を手に入れることができます。

④ストレスが減る

部屋にものが少なくてスッキリしていたら、心も落ち着いてスッキリし、ストレスとなりません。

例えば、旅行先のホテルなんかはものがなくて、なんだか心もスッキリしますよね?

でも自分の家が汚かったら、帰った途端、ものが多くて「日常に戻ってしまった」とストレスを感じるかもしれません。

⑤質の良いものを持てる

ミニマリストはただの倹約家・ものがないというわけではなく、本当に必要なものを買う時に、質の高いものを選ぶことができます。

家の中にあるもの、洋服これがすべて自分のお気に入りのものだったら、毎日HAPPYな気持ちになりますよね?

⑥人と比べなくなる

「人は他人と比べることは人間の本能のようだ」

自慢したい、見栄を張りたいという欲求もあり、たくさん必要のないものを買ってしまいます。

所有物を少なくすれば、自分に本当に必要なものがわかり、他人と比較をしなくなります。

本書に書かれている内容ざっくりと・・・

・ジョシュアさんの他に、何名かのミニマリストがどのようなことをきっかけにミニマリストになったかということ

・具体的なものの減らし方

・浮いたお金で義援活動や募金をしよう

という内容などが書かれています。

ジョシュアさんは牧師さんなので、義援活動や募金にお金を当てています。あくまでこれは本人の自由意志ではないかと思います。余ったお金で投資に当てたり、自己投資で資格をとったりと自分のお金は自分で考えて使うことが大事なのではないかなと思います。

興味のある方はぜひ読んでみてください

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる 

著者 ジョシュア・ベッカー

ミニマリストになりたい方・ミニマリズムに興味のある方・お金を節約したい方にはとても意義のある本だと思います。

このブログが参考になりましたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。