海外生活で便利なガジェット [ベッドホン レビュー おすすめ] WH-1000XM4 Wireless Noise Cancelling Headphones

今コロナ禍で海外に行くことができず、悶々とした日々を過ごしている人もいるのではないでしょうか。

私はラッキーなことにオーストラリアに滞在できています。30歳を過ぎ最後のワーキングホリデーでカナダに行きたかったのですが、指紋採取などの手続きが難しそうで最後のワーキングホリデービザを使うのは無理だなぁと思っています。

さておき、今回は

「海外生活で便利なガジェット」をおすすめしようと思います。

私がおすすめしたいのは

「WH-1000XM4 Wireless Noise Cancelling Headphones」でございます!

こちらは実際に私が使っているヘッドバンドです。

灰色で触り心地がなんと言ってもいいんです。

なんでこれをお勧めしたいのか、なんで海外生活でヘッドホンをお勧めしたいのか

海外在住者の視点から詳しく書きたいと思います。

WH-1000XM4 Wireless Noise Cancelling Headphones スペック

世界のSONYさん、やはりスペックが素晴らしいんです!

高機能のノイズキャンセリング

独自開発「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」の性能をさらに引き出す新アルゴリズムを搭載。従来機と比較し、特に中高域の騒音に対してのキャンセル性能がさらに向上したことで飛行機などの騒音環境下はもちろんのこと、街中やカフェの中など人の声が多い環境でも、より静寂の中で音楽に没入できるようになります。

https://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM4/

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能だそう。わたくし素人ですので素人目線から評価させていただきますと、

「まじで静寂。」

道路、車の音なんかは一瞬にして吹き飛びます。

ただ近くにスピーカーを使って爆音を流している場合は流石に消しきれません。多分日本ではそんな爆音で音楽を聴いているような人はあまりいないと思うので大丈夫かと笑。

人の声も気にならない程度になります。

最初にヘッドバンドを買った時に、電源をオンにしただけで周りの音がかき消されるのかなと思ったらそうでもなかったです。本領を発揮するのは、静かにでも音楽を聴いた時。本当に周りの音は聞こえなくなります。

ハイレゾ級の高音質

AI技術を組み込むことでさらなる臨場感を実現したDSEE Extreme(*1)搭載により、CD、MP3、ストリーミングなどのさまざまな圧縮音源も、ハイレゾ級(*2)の高音質で楽しめます。さらに、LDAC対応でワイヤレスでもハイレゾ音質(*3)、付属のケーブルを使えば有線接続でのハイレゾ鑑賞も可能です。

https://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM4/

音質ですが、今までiPhoneに付属のイヤホンだったり、1万円くらいのイヤホンを使っていた私からすると

「いや、別世界!!!右耳、左耳から違う音聞こえてくるし、各楽器の音が別々に聞こえる!」

という感想でございます。

多分相当ガジェット好きの人や音楽家の人はそれが普通なのでしょうが、素人の私からしたら今の技術ってこんなにすごいんだと感じました。

音楽やPodcastにのめり込めます。間違いなくすごい。

スピーク・トゥ・チャット機能搭載

音楽を聴いている最中でも、話したいときに声を発するだけで音楽再生を一時停止し、外音取り込みモードに切り替えることのできる新機能「スピーク・トゥ・チャット」機能やユーザーの行動や場所に連動して事前に登録したノイズキャンセリング/外音取り込み設定やイコライザー設定に切り替わる「アダプディブサウンドコントロール」機能など、シーンに合わせた最適なリスニング環境を自動で実現するスマートな機能を多数搭載。

https://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM4/

このスピーク・トゥ・チャットなんですが、今私はこの機能を使っていません。

なぜかというと、私映画やyoutubeを見ている時によく「おおっ」「わっ」とか話してしまうんです。その都度止まってしまうので、機能解除しました。近くに誰かがいて話したい時に話したいという人や、カフェで勉強している人なんかはいいんじゃないでしょうか。

快適な装着感

耳についている部分は本当に柔らかくてしっかりフィットしてくれます。

また、ヘッドバンドの外側部分の触り心地がなんといっても素晴らしいです。高級感があります。そうそう、収納ケースも高級感ある感じになっていますよ。

ヘッドバンドのデメリットとして、頭に重たいものをつけているので肩こりや首への負担になります。ソニーのヘッドホンは245gとかなり軽いですが、イヤホンやワイヤレスイヤホンと比べるとどうしても重たいですよね。

また、寝ながら音楽を聞くことが難しいです。私はよく横向きで寝るのでヘッドバンドをつけながら寝るのはかなり難しいです。これ買う時に知っておけばよかったなと思います。まぁ知っていても買ったかな。

充電長持ちand充電速度めちゃくちゃ早い

sonyさんのイヤホンはバッテリーの持ちが本当にすごくいいです。

こちらのヘッドホンは最大30時間(NC ON時)で、ロードトリップ中毎日4時間くらいは使っていたのですが、1週間充電しなくても持ちました。

充電速度も早く3時間でフル充電可能です。すごくないですか?

他のsonyのワイヤレスイヤホンも15時間ほどバッテリーが持ったので、ファームでの仕事中重宝しました。

他にも折りたたみができる点、勝手にBluetoothペアリングしてくれたり(当たり前か)素晴らしいんですよ。あとつけていてかっこいい。おしゃれにもなる。

※メガネの人にとってはヘッドホンってたまに耳の上が痛くなることもあります。


なぜ海外生活でヘッドホンをお勧めしたいの?

なぜヘッドホンをお勧めしたいのか、理由は3つあります。

シェアハウス、バックパッカー時々隣人は基本うるさいもの

今までオーストラリアで15箇所ほど引越しをしてきた私。バックパッカーも入れると20箇所以上。

とにかく海外の人は「スピーカーで音楽を聴きたがり」なんです。

キッチンで料理をしている時、卓球をしている時(よくバッパーには卓球台があります)、部屋などなぜかスピーカーで爆音を鳴らしているんです。あと隣人がスピーカーで音楽を聴いていることが多く、部屋の中まで聞こえてくる時もありました。

「なぜ人と共有しようとする、爆音が苦手な人もいるって気づかないのか」っていつも思っていたんです。

ふと、気づいたんです。「自分で防げば、毎日イライラすることもない」と。

そこでノイズキャンセリングつきのこのSONYのヘッドバンドを買ってからは、爆音で勉強や作業の邪魔をされることもないし、最高でした。

これから海外に来て勉強をしたい人、自分の時間も欲しいと思っている人ものすごいお勧めです。

Netflix、Amazonプライム、Youtubeを見る機会が増える

海外に来たら、外国人の友達と飲んで、遊んで・・・なんて考えている人もいると思います。確かに間違ってはいません。

おそらくですが(私の主観)、大半のワーキングホリデーで海外に来ている日本人は海外ドラマもしくは日本のドラマを見るのにハマるんじゃないでしょうか?

私もそのうちの一人で、英語学習のために海外ドラマを見たり、時間が開いたらその都度Youtubeを見たりしています。

そんな時に、高音質で周りの音を気にせずに動画・映画を観たくありませんか?

普通のイヤホンでもいいんですが、ワイヤレスじゃないものは移動時に外さなければならないし、ワイヤレスイヤホンの小さいものは失くしたら嫌だなと思うし、そうなるとヘッドバンドは便利で使い勝手がいいです。

また英語学習時にもよく、リスニングの練習の時もパッとつけて、パッとやめられる。英語の発音もしっかり聞ける!

飛行機・移動時間にとても便利

日本からオーストラリアに来るときは、飛行機に13時間くらい乗ってきます。

また、オーストラリア内の移動も飛行機が便利です。

飛行機に乗っている時間周囲の話し声が気になって眠れない・・・

なんて時にヘッドバンドがあると、騒音対策になります。

また私だけかも知れませんが、ロードトリップをしている時に彼氏が運転、私が助手席にいる時

話すと言っても5時間や6時間ずっと話す・・・なんて話が持ちませんよね。

さらに私たちは彼がPodcastを車の中で聴いていたので、5時間ずっと英語のPodcast。最初はよかったんですけど、私は英語がそこまで得意な方じゃないので、途中から眠くなってきてしまいました。

そんな時に、私もヘッドバンドでPodcastを聞こうと考えたところ、これが私にとっても彼にとってもメリットでした。彼はPodcastを邪魔されずに聞けるし、私は寝ない。さらに私は自分の好きなPodcastを聞けているし、眠くならない。

移動時間にはとても便利だということがわかりました。

ファーム生活にはヘッドバンドよりもワイヤレスヘッドホンがおすすめ

ファーム生活では主にピッキングやパッキングの仕事をします。

私はよくピッキングの仕事をしていて、その間は自由に音楽を聴いてもよかったです。

そのときは、ワイヤレスヘッドホン、こちらの「WI-C310」を使用していました。

何がいいかというと

・ワイヤレスだからピッキングの邪魔にならない

・コードで繋がっているから無くさない

というのがメリットです。

よくAir Podsを使用している子を多くみてきたのですが、2人ほど失くしていました。しかもファームの土がある中、失くしたらまず見つかりません。高いものですので、失くしたら残念ですよね。

また、ヘッドバンドをつけている子もいましたが、腰を落として行う作業には向いていません。

ワイヤレスで、かつイヤホン部分が繋がっているものをおすすめします。


黒もあります。


いかがでしたか?

海外生活ではヘッドバンドはかなり便利で、使い勝手がいいです。

一人になりたい時、映画・動画鑑賞を楽しみたい時。最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。