ハウスメイトのインド人が強烈だった話7

こんにちは。姉やんです。

先月までケアンズ周辺にいて、先週からアデレードに引っ越してきた私。

気温の差が半端ないです。

現在9月秋に入ったばかりですが、アデレードは10度前後。ケアンズは日中30度近くまでいきます。

ただケアンズやウルルはやっぱ年中暑いよね〜と思われるかもしれませんが、冬の朝・晩は5度くらいまで下がりますので一概に暑いとは言えません。

留学やワーホリで来た子がそろっていうのは

「冬があるのを知らなかった。夏服しか持ってきてなくて、急遽親に冬服を送ってもらった。」

年中暑いように思えるオーストラリアですが、冬は普通に寒いです。オーストラリアに来る方は気をつけてね。ケアンズやブリスベンでもダウンジャケット着ていましたよ〜。

前置きはさておき、今回はインド人の話最終回。

結末はいかに。

私たちが出ていく1週間前。

彼はショッピングに行った後必ず段ボールを持ち帰り、床に放置していました。

夏になったので、ゴキちゃん(英語ではココロッチ)に注意しなきゃねーと彼氏のDOMと話していました。

相変わらずインド人の彼のダンボールにはハエがいる・・・と見ていたら、なんと牛乳や果物、野菜を冷蔵庫に入れていなかったんです。

冷蔵庫からも紫色の汁が漏れており、なんだろうと見たら

冷蔵庫内は腐った食べ物で溢れていました。食べかけのアボカド、皿に入ったカレー、腐った野菜・・・

見た直後は彼本人が片付けなきゃだめだと思い放置していたんです。

次の日・・・

朝起きたら

キッチンの床中にウジ虫が発生していたんです。

床一面うじ虫。彼の段ボールからです。

その日はオーナーが新しいオーブンを持ってきてくれるという用事と友達と遊びに行く用事があったのですが、心身疲労していたためオーナーにも会わず、友達と遊ぶ予定もキャンセルしました。

なんとうじ虫の処理は、全て彼氏のDOMがしてくれたんです。

私は久しぶりに泣いて部屋にこもっていました。その間になんと友達もDOMと一緒に部屋の掃除をしてくれていました。(友達は男の子)

お二人ともすごく優しくて、また大泣きしました。

そしてその日中にオーナーに出ていくことを話し、日本人とオージーのカップルwith 鳥のところでお世話になることにしました。

最後はインド人の彼になにも言わずに出て行きました。

最終チェック時オーナーが

「この後すぐに新しい住人の男の子が来るのよ」

と言っていたので、インド人が帰ってきたら知らない男が家にいることになります。

びっくりしたでしょう。

私たちは新しい住人がインド人の彼とうまくやってくれることを願っています。

クレイジーインド人の話はいかがでしたか?

海外には彼よりも片付けられない人はたくさんいます。

彼はインドにいるとき家政婦を雇っていたのかな?とも思います。

以上、ハウスメイトのインド人が強烈だった話でした。

話が面白いと思ったら、私のInstagramやTwitterにコメントくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。