ハウスメイトのインド人が強烈だった話2

こんにちは。今回も引き続きハウスメイトのインド人についてお話ししていきます。

前回のお話をみていない方はこちらをチェックしてくださいね。

彼に会う前から、キッチンの棚の中がカレーのスパイスだらけで

わー、どうしよう・・・

となっていた状態でしたが、会ってからもさらに彼がクレイジーだということが明らかになっていきます。

暮らし始めてから、何度か顔を合わせました。(私たちは夜勤の仕事をしていて、夕方くらいにしか会わなかった)

しかし、土日は車がなくどこかに行っている。掃除もしているところを見たことがありませんでした。

たまたまあった時に聞くと

「キャンプに毎週行ってるんだ」と話をしていましたが・・・

メルボルンがロックダウンして、ロックダウンが終わった週末に彼はメルボルンに遊びに行っていたのです。飛行機を使って。

またブリスベンがロックダウンしていた時も、その近くでキャンプをしに行っていました。

私たちは仕事の関係上、他州に行ったり、他州に行ったもしくはコロナの検査を受けた人とあった場合私たちもコロナの検査を受けなければならなかったのです。毎回受付の人から「他州にいった人と会ったりした?コロナの検査受けた人と会った?」と聞かれていました。

私たちは「いいえ・・・(ヴィシュヌ、メルボルン行ってたけどな)」と嘘を毎回ついていました。

彼が強烈な点。

住み始めて1ヶ月くらいしてから知ったのですが、なんとリビングルームにあったでかいTV は彼の所有物だということがわかりました。TVがないから買ったんだそうです。

シェアハウスにTVがないからTV を買った、なんて人見たことがありません。

さらに毎週Amazonから小包が届きます。毎週ものがどんどん増えていきました。

そして彼は買ったものをとにかくリビングに置くのです。

ギター二本、アンプ、コピー機、ノートパソコン、TV、Xbox、靴、DVD・・・

ちなみにDVDは中古のを大量購入してきており、毎週10本ほど増えていっていました。中にはりかちゃん人形の幼児向けDVDも入っていて、ちょっと気持ち悪かったです。

この机で勉強してね。とオーナーから言われていたテーブルは彼の所有物で埋まっていたので、一度も使うことはできませんでした。

そんなこんなで彼の荷物がどんどん増えていき、掃除の邪魔に。

ムカつくので、テーブルにある食べかすや埃は全て彼のギターやアンプにかけていました。(彼は気付いてなかった・・・かな?)

そう、見えない嫌がらせを私はめげずにコツコツと行っていました。笑

ひどい女ですねー。

さて、今日のところはこの辺で。まだまだインド人の話は続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。