タトゥー(tatoo)について考えてみる

日本にいた時の私は、タトゥー、刺青に対して怖いイメージを持っていました。

それは『ヤクザ』のイメージです。怖い人たちがよく入れているイメージ。

昔芸能人のりゅうちぇるさんがタトゥーを入れたことで

”子供がいるのに刺青入れて・・・”

”一生消えないのに、ダサいの入れて・・・”

みたいな批評がありましたよね。

また、ロックフェスティバルに行くとロックバンドの一部の人は首や全身に隠すことなくタトゥーを入れている人を見かけますよね。私自身ナマで見てかなり驚いたことを覚えています。

オーストラリアではタトゥーを入れている人は多いの?

海外に来て、思ったことが

タトゥー入れている人多過ぎだろう!むしろ入れてない人の方が少ないんじゃないか?

というくらい、たくさんの人がタトゥーを入れています。

スーパーへ行くと、車椅子に乗っているおばあちゃんですら、背中にゴリゴリのタトゥー(その人は背中に羽のタトゥーを入れていました)が入っているくらい。

ワーホリでは、現地のオーストラリア人よりも他国の外国人と仲良くなったり接することが多いです。

大体の外国人ワーホリの人は、タトゥーが入っています。

身近な人もタトゥーを入れている

私の彼氏DOMちゃんも、5つタトゥーを入れています。

目、スイカ、猫、調味料のタトゥーです。

タトゥーって日本だとよく龍や鬼、鯉などのちょっと怖いのを想像しますよね。

ですが、海外では可愛いタトゥーを入れている人の方が多いくらい。

私の友達は、JOJOやセーラームーンのタトゥー、可愛いお花や猫のカラーが入っているタトゥーを入れています。それらは皆ファッションとして入れており、好きなものを入れている感じです。

日本はなんでタトゥーに厳しいの?

私の親はいつも

「あんた、タトゥーなんて入れたら勘当だからね」

と言います。

古くからタトゥー、日本では刺青を入れる人は極道の人、ヤクザという固定観念があリますよね。

でも、広く世界を見て欲しいんです。今じゃタトゥーを入れるのは当たり前の世界になっています。お隣の韓国も多くの人がファッションとして取り入れています。

タトゥーのデメリット

よく言われているのは

MRI室には入れない

温泉やプールに入れない

世間体が気になる

今までタトゥーの入った患者さんを見てきましたが、一応火傷の恐れがある、タトゥー部分が熱くなるといったことが起きうるため注意はしていました。ただ大きなタトゥーがある人はMRIはしていませんでした。

温泉やプールも入れるところが限られますよね。

DOMと日本に行ったら、温泉に入りたいと思っていたのですが、多分シールか何かで隠さなきゃいけないなと思っています。

まぁ、世間体は気にしない人は気にしませんよね。

ただ、一度入れてしまうと消すのに費用がかかったり、皮膚がただれたようになってしまうので、入れるときは慎重にしなきゃいけませんよね。

私自身の考え

私もタトゥーを入れたいと思ったことは何度もあります。ワーホリに来ている日本人の子も多くの子が入れていました。

ただ、私自身痛いのが嫌いなのと、日本の作業療法士であり患者さんや医療職の人と関わる上で弊害になってしまう可能性が高いため入れることはないと思います。

ただ私の思いとしては、

タトゥーを入れている人を差別してはいけない。タトゥー社会は今じゃ当たり前

温泉やプールもタトゥーOKにしてほしい。タトゥーを入れているだけで、怖いという社会がなくなって欲しい

という思いがあります。

グローバルな社会だけれど、日本はまだ閉鎖的な気がします。

もう少し多くの人が世界に目を向けて、関心を持って欲しいというのが願いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。