オーストラリアは物価が高い?実はお金を貯金しやすい環境にあるんです。

オーストラリアと聞くと、お給料も高いけど、物価もすごく高いんでしょ?という話をよく聞きます。私もエージェントの人に「給料高いから、貯金しやすいよ。渡口費用・学校代はすぐにチャラにできるよ。」と言われました。

今日はオーストラリアは物価が高いのか?

お給料は高いのか?

どうしたら貯金できるのか?

を私なりに考えて、解説して行こうと思います。

オーストラリアは物価が高い?

これは皆さんから質問いただくことですが、高いのは家賃と外食くらいだと思います。

家賃

基本的にワーキングホリデーで来ている日本人の人はシェアハウスかバックパッカー・キャラバンパークというところに住みます。大体ファームで働いている人はバックパッカーかキャラバンパークに宿泊します。

家賃は週払いです。

シティに住むと一人部屋(オウンルーム)で$250-200/weekほど、大部屋(二人〜八人)で$200-100/weekという感じでしょうか?

私がシドニーにいた時はシティの真ん中、三人部屋で$150/weekでした。汚かったので安い方だと思います。インスペクション行った時はきれいなマンション、六人部屋で$180/weekとかもありました。

ゴールドコーストでは、マスタールーム(風呂・トイレ付き)カップルで入って$300-260/weekでした。

ファームだと、移動費込みのところと込みでないところがありますが、$200-120/weekくらいだと思います。

つまり日本円($1=75円として)にすると、週$200のところは6万円、週$120のところは3万6000円。大体水道光熱費込み(wifi込みのところも多い)なので、物凄い高い訳ではありませんが、部屋を選ばなければ安く住むことができます。

外食費

コーヒー小 $4(300円)

朝食(サンドイッチなど) $10-18(750-1350円)

マックセット $12-16(900-1200円)

夕食 ピンからキリまでですが、安くてケバブなどのファストフードが$10、アジアやタイレストランで食べると$16-30、イタリアンレストランやトルコレストランなどちょっといいレストランにいくと$30-100程度です。お酒が一杯$7~くらいです。(計750 円-7500円程度)

マックやケバブなどのファストフードは日本と比べると、ちょっと高いかな程度。

朝食は結構高いですね。パンケーキなんかは$20余裕で超えます。日本だと朝食はコンビニで済ませると安くすみますが、オーストラリアでは、日本のコンビニのクオリティーとはほぼ遠いです。

また、日本では飲み放題がありお酒を安く飲むことができますが、オーストラリアでは飲み放題がないためいっぱいずつ頼まなければなりません。あまりお酒が好きでない人や断酒したい人にとってはいい環境だと思います。

(オーストラリアの法律で、お酒を取り扱う場所はRSAという資格をスタッフが持っていなければならず、酔っ払っている人にお酒の提供はしてはいけないので、スタッフが断ることもできるんですよ)

日本でも飲み会に行けば5000円ほどかかりますが、オーストラリアではレストランにいくとお酒なしで$50や$70ポーンと飛んでいきます。

節約するためには「いかに外食をしないか」にかかっていると言っても過言ではありません!

食費

野菜や果物 旬のものはとにかく安い!

例:いちご200g 旬の時期$1.5(112.5円)旬でない時期$5(375円)

ブルーベリー200g 旬の時期$2(150円)旬でない時期$5(375円)

ぶどう 旬の時期$3(225円)旬でない時期$11(825円)

アスパラガス 旬の時期$1.5(112.5円)旬でない時期$4(300円)

などなど、野菜や果物は旬の時期(ハーベストシーズン)を狙うべきです。また、ベジタブルマーケットが各地域にあり、そこの方が野菜や果物が安かったりします。(セカンド商品と呼ばれる、あまり綺麗ではないが、品質に変わりがないものも売っている)

パン いつでも1斤$3か$2($225 or $150)!(Coles or Woolworthの場合)

パンはいつでも安いです。しかも日本の倍の大きさで、ホワイト、マルチグルテン、ごま、ハード系のパンなど種類も豊富にあります。

牛乳 2L $2.39(180円) 1L $1.2(90円)

牛乳もとっても安いです。私は毎回ソイミルクを買っているので、倍の値段しますがそれでも安いと思います。また、牛乳の種類も豊富で、安いものから高いものまであります。常温で保存できるタイプはもっと安いので、そちらもお買い得です。

 Medium Grain White Rice 5kg $16(1200円)

日本で売っている種類と変わらないのが「Sunrice Medium Grain White Rice」です。北海道にいた時はいつもゆめぴりかという種類の美味しい米を食べていたので、正直おいしくない!と初めは思っていましたが、慣れました。

それ以外にジャスミン米や玄米も売っています。私はいつも白米と玄米をミックスしています。

5kgで1200円なので、安いですよね。たまに半額セールもやっていて、その時になるとお店から米が消えます。笑

肉類

豚肉と牛肉は大体ステーキかダイスサイズ、骨付きで売っていることが多く、日本で見かける薄切り肉はほぼ見かけません。(あるみたいですが、一度もみたことない)ミンチはどこでも売っています。ほとんどの場所ではハツや砂肝も売っており、そちらはお買い得で買うことができます。

薄切り肉はアジアンマーケットで買うことができますが、$12くらいし結構高いです。

牛肉 ステーキ肉大体100g $2.75(206円)

豚肉 ステーキ肉大体100g $2(150円)

鶏肉 むね肉1kg $12(900円) 骨付きの脚1kg $4.5(337円)

ミンチ 500g$6-8(450-600円)

日本でも同様だと思いますが、鶏肉はとにかく安いです!豚肉と牛肉は日本と同じくらいでしょうか?

オーストラリアでは500g、1kgと大きいパックでしか売っていないので、いつも3日位に分けて食べるか、すぐに冷凍します。日本はお一人様様や小さいパックで売っているので便利ですよね。

お菓子

ポテトチップス $3-$5(225-375円)

チョコレート プライベート商品$1-$3 デイリーミルクやTimTams $3.65-$5(75-375円)

こうしてみるとお菓子は高く見えますが、ほとんどのスーパーマーケットで週替わりのセールを行なっています!

半額・30%割引のものもあれば、2for$5など二つ買ったら$5になるなど何らかのセールになっています。私は半額のものしか買いません。笑

結局オーストラリアの物価は高いのか?

毎日の様に外食やカフェに行っていれば、もちろんお金はなくなります。日本よりも安いものが多いので贅沢をしなければ貯金ができると思います。

日本食もスーパーで少しは売っているのですが、ちゃんとした日本のものを買うのであればアジアンマーケットに行く方が良いでしょう。日本の食材や調味料は輸入代金が入っているため倍くらいの値段となっています。私はお味噌汁をよく飲むので、味噌と粉末だしは常備してあります。大きい鰹節・煮干しなどは売っていないため、ちゃんと出汁から取ることは難しいです。

家賃はピンからキリまであり、部屋をシェアするのであれば安く済みます。オウンルームという一人部屋は基本高いです。固定費を抑えたいのであればシェアが一番です。私はDomと一緒に一部屋を借りているため、家賃は結構安いですし部屋も自由に使うことができます。家賃を安く済ませるために、仲良くなった友達と部屋をシェアするというのも一つの手です。

考えてみると、家具付きで水道光熱費・Wifi代込みの家賃と日本で一式揃えた家賃の値段を比べると、オーストラリアのシェアハウスの方がお得なのかもしれませんね。

お給料は高いの?

The national minimum wage is currently $19.84 per hour or $753.80 per 38 hour week (before tax).Casual employees covered by the national minimum wage also get at least a 25% casual loading.

Fair work Ombudsmanより(2020年11月現在)

現在(2020年11月)の最低賃金はpart timeで$19.84(1488円)、Casualで$24.80(1860円)となっています。去年よりもちょっと上がりました。

ワーキングホリデーでオーストラリアに来ている皆さんは、Casualと呼ばれる時間帯が決まっていない働き方をしている人の中に含まれます。(実際はちゃんと時間帯は決まっていることが多いです)

大都市にある日本食レストランは大体Part timeの賃金で働かされることが多いです。私がシドニーにいた時、やよい軒で働いていたのですが、そこはCasualの時給でした。ファームやファクトリーにいくと大体Casualの時給で働くことができます。

知っておいて欲しいのが、ほとんどのワーキングホリデーの方はCasualの時給をもらっているということ!シドニーにいた時、多くの留学生がPart timeかそれ以下の賃金で働いていたり、人気ブロガーの人もPart timeの最低賃金をのせていたため調べずに鵜呑みにしていました。やよい軒の店長からしっかりとFair workのことを教えてもらいました。

オーストラリアはこの最低賃金が世界一高いそうです。つまり給料は働けばガッツリもらえます!

ファームジョブに行くと、時給制か歩合制のところがあります。歩合(ピースレイト)のところに行けば、速く多く仕事ができる人はものすごく稼ぐことができます。

私の場合、ズッキーニとブルーベリーは歩合で、最高時給$42までいきました。ズッキーニの場合はクリーニングデーは時給$10程度の時もありましたが、ブルーベリーをしていた時は7週間Casualの最低時給を下回ることはありませんでした。

トップピッカーと呼ばれる人たちは時給$100くらい行く人もいるので、時給・歩合どちらがいいか確めてみるものいいかもしれません。

どうしたら節約できるの?

オーストラリアでお金を貯めるにはいくつかアドバイスがあります。

・できるだけ外食は避ける

・ファーム生活は田舎のため、そもそも遊ぶ場所・外食する場所も少なく何もしなくても貯金ができる

・固定費(家賃や車の維持費、交通費)をできるだけ下げる

・スーパーマーケットの半額セールを見逃さない

・ベジタブルマーケットの安い野菜・果物もチェック。節約も栄養も大事

・仕事はCasualの時給制を選ぶ!歩合でも稼げそうな人は歩合でガッツリ稼ぐ

日本にいるみなさんは、自分の時給を知っていますか?

私は作業療法士で、北海道にある中くらいの病院に勤務していました。

勤務5年目で、週5残業はほぼなしで手取りは月20万ほどでした。ボーナスは夏・冬合わせて50万以上はもらえましたが、部屋に置く家具を買ったり、飲み会代、結婚式・ハネムーン費用、旅行費、最後に留学費用で貯金は消えました。

ボーナスなしで時給計算をしてみると、月20日1日8.5時間働いた計算で時給換算1176円だったんです。ボーナスがあったため、年収自体は400万ほどありましたが、結構衝撃ですよね。それに勉強会やサービス残業も含めると・・・泣

そう思うと、オーストラリアはサービス残業なんてないし、ギリギリに来ても誰も文句は言わない、同僚によりますが楽しく仕事ができ環境的にはかなりいいですよね。年収は日本にいる時と比べて少なくても、ストレスフリーで貯金も貯まるという恵まれた環境なんです。

みなさんも一度自分の仕事がどのくらいの時給に相当するのか、環境はどうなのか考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。