オーストラリアに来て、価値観が変わったこと

#オーストラリア #ワーホリ #価値観 #メリット #デメリット #良かったこと #変化

こんにちは。姉やんです。 今日はワーホリでオーストラリアに来て「価値観が変わったこと」をテーマに書こうと思います。

自己紹介を見てもらえばわかりますが、2018年に離婚をし、2019年の1月にオーストラリアにやってきました。今までの私は、きっちりとしていて融通の利かない性格でした。例えば旅行に行くときは、ちゃんといく場所のスケジュールを分単位で決めるような人でした。なので、計画を立てない人やすぐに変更をする人は嫌いでした。

そんな自分が、一人でオーストラリアに来て何が変わったのか伝えたいと思います。

「なんとかなる精神」がついた

ほとんど英語が話せない状態で、外人とシェアハウスに住む、語学学校の授業を受ける(すべて英語)、銀行口座の開設、レジュメ配りなど、話せないけどもやらなければならないことが山ほどありました。

度胸も付きますが、それよりも「ジェスチャーでも熱心にやればなんとかなるということがわかりました。

アスパラファームでいきなりクビになったとき、次もなんとかなるだろうということで、友達と別れ一人でバンダバーグに飛びました。

日本にいたら、ポンポンと仕事や住む場所を変えることはできなかったと思います。ましてや仕事を辞めたいと思ってもなかなかやめられないのが現実ですよね。

いまでは「やめてもまたやり直せる」「自分の変わりはいくらでもいる」「辛かったら仕事も変えていいんだ」「自分が幸せになることが一番大事」という考えに変わりました。

どこでも暮らせる

今までの自分は掃除・洗濯はほぼ毎日できたらする、キッチンの掃除は使い終わった後にすぐ行う等割と潔癖で、汚いところには住めませんでした。また気の許せる人としか暮らせませんでした。(許せていても、嫌なことがあったらすぐに注意をする)

しかし、オーストラリアのシェアハウスでは一軒家に13人住んでいたり、汚いバッパーに住む等普通のことでした。トイレとシャワールームが同じ場所にあり、便器や洗面所の床が水浸しになことが当たり前でした。

特にスパニッシュ系が多いと、夜遅くにキッチンがナイトクラブ化しており、夜中・朝になると調理後の汚いフライパンが置いてあったり、床に食べカスが大量に落ちているなどうんざりすることが多かったです。

最初は嫌で掃除していたのですが、次第に慣れていきました。もちろん今でも汚い家には住みたくありませんが、どんなに汚い場所を見ても臆することがなくなりました。

日本人に生まれてよかったと思う

昔はアジア人差別、イエローフィーバー(日本人はすぐにやれる)等の差別がありましたが、オーストラリアに来てからそのような発言や態度をする人はいなかったです。

むしろ、日本人だとわかると「日本の大阪が好きなんだ」「NARUTO大好き」「ラーメンうまいよな」「日本に行ってみたい」など友好的な人が山ほどいました。オージーだけではなく他の国の人も同じです。

オーストラリアの街中は、すしレストランだらけ、ゲームの専門店、シドニーには紀伊国屋書店や無印良品。日本が満ち溢れているんです。 また日本語を勉強している人も沢山おり、語学学校の先生何人かも勉強していて授業後日本語レッスンをしたり楽しい時間を過ごしました。

日本人に生まれてメリットしか今のところありません。一人だけバンダバーグの有名なトマトファームのオージーおじいさんだけは「イギリス人と日本人はGo Away!」と言っていました。日本人ということを隠して働きましたが・・・

アジア人ってしっかりしていると再認識

オーストラリアに来ているアジア人はとても多く、どこにでも日本人、中国人、台湾人、韓国人がいます。

はじめは「住む場所はヨーロピアンが多いところがいいな」「日本人と働くのは避けたい」「ファームはアジア人が少ないところがいい」って考えていました。

しかし、いざ多国籍なファームやシェアハウスに住んでみると・・・

アジア人最高!!

 なぜかというと、ヨーロピアン・スパニッシュ系の多いシェアハウスは汚い、パーティーが多くてうるさい、人のものを盗むなどのことが起きます。※あくまで私の体験談です。

ファームでは、めちゃくちゃ働くヨーロピアンもいましたが、たいていの人が働かず話してばかり、ローを飛ばす、すぐ休む等Lazyでした。

それに対しアジア人はよく働く、きれい好き、静か。働くならアジア人と一緒がいいと気づきます。「彼氏はカナダ人じゃん。どうなの?」って思う方がいると思いますが、彼もLazyなところが多いですが、うるさくなくおっとりとした性格なので、あまり気になりません。

 

 

以上の4点が主に思ったことですが、正直中身が劇的に変わることはありませんでした。28年間しみついた性格はなかなか変わりませんし、変わろうとも思ったことがないからです。

ですが今オーストラリアでゆったりスローライフをしていて、本当に勇気を出して離婚して、仕事もやめてよかったなと思います。今の私ならどこででも暮らして楽しくやっていく自信があります。

ワーホリでオーストラリアに来てみたいという方は、ちょっとの勇気と、ちょっとのお金さえあれば来ることができます。楽しむか後悔するかはその人次第です。

See ya!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。